10月に経営者セミナーの団体とご一緒し長崎・軍艦島へ随行しました。
軍艦島は明治から昭和にかけて海底炭鉱として栄えた島です。軍艦島は通称で実際は端島と呼ばれています。
2015年イコモスにより世界文化遺産として登録されて以来、観光でも人気となっています。
現在では4つの船会社によって上陸ツアーが実施されています。しかしながら台風の影響で桟橋が壊れてしまって
おり現在では上陸が許可されていまぜん。

 

 

 

 

 

 

途中、ガイドさんより軍艦島の歴史などの案内があり、当時の軍艦島の様子や暮らしぶりをお聞きする事が出来ました。
長崎市内の船着き場から軍艦島までは約40分。一周して合計約2時間30分くらいですがお客様も大満足だった様です。

長崎では他に平和公園や亀山社中も見学致しました。