多民族国家のシンガポ-ルではマレーシア街、アラブ人街、中華街、インド人街など
独特の街並みがあります。ここ最近ではその中でもカトン地区ではプラナカン文化を
感じることが出来ます。
15世紀後半からマレーシアやシンガポールにやってきた中華系移民の子孫をプラナカンと呼びます。
プラナカンの建築物は1階が事務所・店舗、2階が住居になっていてショップハウスとも呼ばれています。