2月22日に専門学校様よりのご依頼で千葉県周遊校外学習をご案内致しました。
現在、コロナ禍・緊急事態宣言下ということもあり、ほとんどの学校や各種団体が遠足、校外学習、イベントを中止することが多い様に感じます。

そんな中、こちらの専門学校でも当然その様な議論はされてはいた様ですが、卒業される学生達の
思い出づくりを第一にどうしたら実施できるかを考え校外学習を実施することとなりました。

当初は山梨(富士山)方面への校外学習を計画していましたが、緊急事態宣言発令にあたり、
方面を千葉県内に変更、密を避けた見学地の設定を致しました。
今回は鋸山ハイキング、日蓮上人誕生の地・鯛の浦見学に致しました。

校外学習は実施日前からの健康調査にはじまります。
参加者には2日前より健康アンケートに記入を頂いています。
(これは学校側で作成しされたアンケートです)
バス乗車前の検温、手指のアルコール消毒。

 

 

 

 

バス車内では私語禁止。飲食禁止。生徒全員指示に従っています。
説明が長くなる様な事は生徒へのグループLINEを利用し、一斉送信することで先生が何度も話すことでの飛散防止。
前方との境には飛散防止シールドを設置。

 

 

 

 

 

 

バス車内は常に換気をしており4~5分で空気も入れ替わります。
鋸山到着し、山頂駅までや悪4分のロープウェイも通常40人乗車を20名づつで対応して頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鋸山での海鮮料理のお食事で有名な“ばんや”さんも事前に相談し、約100名様が一度に食事できる団体スペースを約45人で貸切にて利用
させて頂きました。(これは流石にピークシーズンですと難しい交渉だったと思いますが)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午後からは勝浦に移動し、誕生時前の鯛の浦遊覧船に乗船予定でしたが、波が荒く安全運航できそうにないとこ事で、急遽、現時点での入場状況、
学校側では見学先変更のご報告をしたうえで、勝浦海中博物館へご案内致しました。
(当初の予定では50名乗船できる船を2艘貸切で約半分の定員でご案内)
勝浦海中公園はロケーションも良く生徒さんもそれぞれにお楽しみいただいた様でした。

 

 

 

 

 

 

学校側のこのコロナ禍で生徒さんの為に、どうしたら実施できるかを考える姿勢、対策は素晴らしかったです。